About

Hana Tutumiについて

Hana Tutumiは、草花を通して季節を愉しんでいただくための活動をしています。

 

 

自生する環境が異なり、出会うことのなかった草花たち一つ一つの物語を、季節に寄り添いながら丁寧に紡いでいくことで生まれる草花たちの新たな物語を、Hana Tutumiはお伝えしていきたいと思っています。

オーナー / デザイナー (Owner / Floral designer)

栗城 三起子 (Kuriki Mikiko)

 

1962年 福島県会津出身

福島県立会津大学短期学部デザイン科グラフィック専攻卒業

卒業後、アパレルデザイン、玩具メーカーで女児玩具の開発部に所属。

その後、タオルメーカーでベビー服デザインの仕事に従事。

2004年 千葉県千葉市で花屋HanaTutumiをオープン。自然に寄り添い、季節の草花を使用したリースやスワッグなどの作品を制作、販売。

​(Wreath of 365 days/ 花屋Hana Tutumiのブログ2006-2017

2015年6月 東京都国立市にレッスンアトリエとして拠点を移す。通信レッスンを中心に活動を始める。

2015年11月 初の書籍「風のようにつくる〜季節を紡ぐリース〜」を出版。

​2016年11月、第2冊目の「かわきばな 〜瑞々しいドライフラワー〜」を出版。瑞々しく、凛とした、生命力溢れる乾いた草花を「かわきばな®」と名付ける。(商標登録番号 第6129036号)

2019年6月 故郷の会津に拠点を移す。

2019年10月 第3冊目「かわきばなの庭」を出版。会津の草花を使った作品や活動の内容についてお伝えしている。

 

現在は通信レッスンと、かわきばなを扱う活動をしていく人のための講座など四季の楽しみ方を草花を通して伝えている。

​↓著書(左から / 風のように作る / かわきばな 瑞々しいドライフラワー/かわきばなの庭:Kawakibana Online Shopより購入できます。)

佐久間 萌 (Sakuma Moe)

マネジメント / デザイナー  - web.press.promotion-photo/movie/design-

栗城三起子の次女。

1993年、千葉県千葉市に生まれる。

2016年3月、武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。

大学卒業後、HanaTutumiにて運営、デザインを担当。

書籍「風のように作る〜季節を紡ぐドライフラワー〜」では、編集を担当。

「かわきばな 瑞々しいドライフラワー」では、撮影、デザインを担当。

2018年12月、Hana Tutumiのセカンドブランドとして「Okuru -and flowers-」をはじめる。”心をオクル、花と一緒に”をテーマに、グラフィックをはじめとする紙媒体のデザインや、写真、映像などの活動を行う。

 

実績:テキスト、DVD、映像、写真、ロゴ、書籍デザイン、DMデザイン等